恋人に依存⋯治し方を知って楽になりたい!克服する方法5つ

恋人に依存⋯治し方を知って楽になりたい!克服する方法5つ
20歳以上の方は必ずご確認下さい

<今すぐ>電話で鑑定します

・復縁できるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを電話占いウィルで解決します。

復縁業界で今注目の電話占いウィルで、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上限定です

恋人がいない時は「寂しい」と感じ常に自分を好きになってくれる異性を求め、彼氏ができたらできたでその人に依存してしまう。

そんな自分を克服したいという思いがありつつも、自分では治し方がわからず、途方にくれてしまいますよね。

そこで今回はそんなお悩みを解決するために、恋人に依存してしまう心理の治し方について、ご紹介していきます!

恋人に依存してしまう理由

まずは、恋人に依存してしまう理由から見ていきましょう。

自分に自信がない

自分に自信がないことで、恋人に依存してしまうことがあります。

自信が持てずにいると、彼から「可愛いね」と褒められたとしても「そんなのお世辞に決まってる」などと考えてしまうんです。

そうすると、どんなこともネガティブに捉えてしまうため、彼からの愛情をなかなか感じることができず、ずっと不安な状態で付き合っていくことになります。

その不安から、「彼が離れないようにしないと」という思いが強くなり、彼に依存してしまう、というわけです。

恋愛以外のことに費やす時間がない

恋愛以外のことに費やす時間がないというのも、恋人に依存する一つの理由です。

例えば他に趣味があったり友達とよく遊んだりしていると、いろんなことを考える時間ができ、恋人に依存せずにいることができます。

ですが、恋人ができるとその人のに集中してしまい、他のことに時間を費やさなくなってしまうと、四六時中恋人のことを考えてしまうんです。

そのため意識が全て恋人に向かってしまい、結果的に依存してしまう、ということになります。

ストレス発散の方法を知らない

ストレス発散の方法を知らないというのも、依存の理由になります。

仕事で嫌なことがあったり人間関係でいざこざがあったりした際に、そのストレスを溜め込んでしまうと、つい一番近くにいる存在に頼るようになってしまうんです。

他にストレスを発散する方法を知らないがために、恋人にストレスをぶつけて当たったり、極端に頼って甘えてしまいます。

そうすると、「私にはこの人しかいないんだ」という思いが強くなり、だんだんと恋人に対して依存するようになってしまうんです。

過去の恋愛にトラウマがある

過去の恋愛にトラウマがあるというのも、理由の一つとして挙げられます。

例えば過去の恋愛で恋人に裏切られたことがあったり、突然音信不通になり辛い経験をしたことがあったりすると、それがトラウマになるんです。

そのトラウマを抱えたままの状態で新しい恋人を作ると、「もう2度とあんな辛い思いはしたくない」という強い思いを抱くようになります。

こうした強い思いから、何かあると恋人を束縛してしまったり、気づかぬうちに依存するようになってしまうんです。

恋人を信用できない

恋人を信用できないのも、依存する理由です。

相手を信用することができないと、ちょっとした行動で浮気を疑ってしまったり、「何か隠し事があるんじゃないか」と考えてしまいます。

そうなると、そればかりが気になってしまい、執拗に恋人に対して執着してしまい、気付いたら依存してしまっていた、というケースがよくあります。

特に、恋人に浮気されたことがあったり、大きな嘘をつかれて傷ついたことがあるという場合は、恋人のことを信用できていない場合が多いです。

恋人に依存してしまう女性の特徴

次に、恋人に依存してしまう女性の特徴について、解説していきます。

ネガティブ思考

まず一つ目は、ネガティブ思考ということです。

どんなことでもネガティブに考えてしまう女性というのは、恋人ができても相手からの言葉を素直に受け取ることができません。

第三者が見るとなんでもないことに対しても浮気を疑ってしまったり、「嫌われてるんじゃないか」と不安になってしまいます。

恋愛に対してだけではなく、日常的に物事をネガティブに考えてしまうという方は、恋愛において依存傾向にあると言えるでしょう。

何かに集中すると他のことが手につかなくなる

2つ目は、何かに集中すると他のことが手につかなくなる、という特徴です。

本来女性というものは、一度に色んなことを考えることが可能なので、仕事と恋愛を両立させたり、趣味や恋愛を両立させることができます。

ですが、依存傾向にある女性はこれがなかなか難しく、恋愛に集中すると、他のことが意識できなくなってしまうんです。

昔から何かと何かを両立させるのが苦手だった方や、一つ集中するとそればかりになってしまうと
う場合は、恋人に依存する可能性が高いと言えます。

人をなかなか信用できない

他人をなかなか信用することができないのも、依存傾向がある女性の特徴です。

正反対のように思えるかもしれませんが、他人のことを信用することができないと、恋人ができてもその人のことを信用することができません。

そのため、事ある毎に浮気を疑ってしまったり、信用できない事で余計に相手へ執着し、依存してしまいます。

この場合、過去に誰かから裏切られた経験を持つ方が多く、そのトラウマを乗り越えなければ、なかなか他人を信用する事は難しいでしょう。

恋人への依存の治し方

自分に自信を持つ

恋人に依存してしまうことの治し方として、何よりも大切なのは自信を持つということです。

依存をしてしまうというのは、自分に自信がないことで、無意識に物事を否定的に考えてしまうためなんです。

例えば、恋人に連絡をしても半日以上返信がなかった時、自分に自信がある人は「仕事が忙しいんだろうな、大変そう」と考えることができます。

ですが、自信がないと「こんなに返ってこないなんで、絶対に私のことが嫌いになったんだ」と考えてしまい、途端に不安になるんです。

そうすると、彼に対して何度も連絡をしたり、「何が悪かったの?」と聞いてしまい、喧嘩の原因になることも多くなります。

そうならないためにもまずは、自分に自信を持つことで、物事をポジティブに見られるようにしましょう。その前向きさが、克服へとつながります。

恋愛以外に夢中になれるものを探す

恋愛以外に夢中になれるものを探すことで、克服しましょう。

恋人に依存してしまっていると、四六時中彼のことを考えてしまいます。

一人でいても「彼は何してるんだろう、会いたいな」とばかり考えたり、一緒にいるときは「ずっとくっついていたい」と思ったり。

どんな時でも、何をしていても、恋人のことばかり考えてしまうんです。

だからこそ、意識的に「考えないようにする時間」を作ることが、依存心の治し方として大切となります。

恋愛以外に夢中になれることがあれば、彼のことを考える時間は自ずと少なくなりますし、考え過ぎて苦しくなってしまうこともありません。

特に、ジムに通ったりスポーツをしたり、何かしら体を動かすようなものはストレス発散にもなるので、「気持ちが良い」と感じることができます。

自分が続けられることを見つけるために、夢中になれるものを探してみましょう。

恋人以外との交友関係を広げる

恋人以外との交友関係を広げるということもまた、克服へつながります。

彼以外の人と交友を持つことにより、まず彼と一緒にいる時間が減るため、それも克服への第一歩となります。

また、依存してしまっていると自分と彼だけの世界に閉じこもってしまうので、第三者の意見を聞く機会がほとんどありません。

そこで、彼以外の人とも交友をするようになると、今まで見えてこなかった恋愛への考え方を知ることができたり、視野が広がっていきます。

そして、信頼できる人が見つかれば、彼に依存してしまっているということも相談できるようになるんです。

このように、自分の視野を広げたり彼以外に信頼できる相手ができることが、執着してしまうことへの治し方に繋がってきます。

友達でも良いですし、会社の飲み会に参加したり、思い切って自分から上司を誘って飲みに行くなどして、交友関係を広げていきましょう。

あえて恋人がいない期間を作る

あえて恋人がいない期間を作るというのも、治し方として効果的です。

依存というのは、その対象になる人が常にいるからこそ、なかなか克服することができません。

だからこそ、敢えて対象になる人を作らないようにするというのも、克服につながるんです。

最初のうちは、彼氏がいないことをとても寂しいと感じ、「私のことを愛してくれる人がそばにいて欲しい」と苦しくなるかも知れません。

ですが、それでも頑張って作らないようにすると、だんだんと一人の時間に慣れてきて、彼氏という存在がいなくても自分一人で幸せを感じることができるようになります。

辛い気持ちを紛らわそうと始めたことが、いつの間にか趣味になり、夢中になっているかも知れませんし、一人の時間が楽だということを実感する期間になるんです。

そうなると、無理に彼氏を作ろうとする気持ちもなくなりますし、無意識に依存心が克服できています。

根本的な原因を考える

根本的な原因を考えることも、一つの治し方として挙げられます。

恋人に依存をしてしまうは、自分に自信がないという理由が多いです。

ですが、そもそも自分に自信がなくなってしまったことの原因を探っていくと、その原因は人によって様々にあります。

例えば、幼少期にいじめられていたことが原因だったり、親が離婚したことで「自分は愛されてないんだ」と自信を失ってしまったり。

このように、根本的な原因は人それぞれなので、まず自分はそもそも何が原因で自信をなくしてしまったんだろうと、考えてみてください。

そして根本的な原因が見えてくると、その原因を解決しようと行動を起こすことができます。

親が離婚をしている場合は、両親とよく話し合ってみたり、話すことが難しい場合は自分の中で「離婚をしたのは二人の問題で、私が愛されなかったわけじゃない」と唱えてみたり。

少しずつでも根本的な原因が解消されていくと、自信回復になります。

依存が原因で別れてしまった場合の復縁方法

最後に、依存が原因で別れてしまった場合の、復縁方法を3つご紹介します!

別れたあとはしばらく連絡をしないようにする

まずは、別れたあとはしばらく連絡しないようにしましょう。

別れたあとにすぐ連絡してしまうと、彼としては「まだ自分に執着してるんだ」と考え、あなたから離れようとしてしまいます。

そうすると、LINEをブロックされてしまう事もありますし、彼から返信がなくなり、心の距離が離れてしまう可能性が高いんです。

そうならないためにも、別れたあとは敢えて連絡をしないようにして、未練を払拭している事をアピールしましょう。

1人の時間を楽しんでいる様子を彼に見せる

1人の時間を楽しんでいる様子を彼に見せるのも、効果的です。

恋人に依存してしまった場合、元彼の中ではあなたに対して「恋愛にしか興味がない」と考えている場合が多いです。

そのため、その印象を変えるためにも、SNSなどを通じて1人の時間や自分の時間を楽しんでいる様子を見せ、彼をびっくりさせましょう。

そうする事によって彼としては、自分に依存していたあなたに対して変化を感じ、復縁を前向きに考えるきっかけとなります。

ネガティブ発言を控え前向きな姿をアピールする

ネガティブ発言を控え、前向きな姿をアピールするのも一つの方法です。

彼に依存していた頃は、どうしてもネガティブな発言が多くなってしまい、彼の事を困らせてしまった場面も多かったはず。

そこで彼と接する際もSNSでの発言も、とにかくネガティブな発言は封印して、ポジティブで前向きなあなたの姿をアピールしましょう。

前向きな姿を彼に感じてもらう事ができれば、「依存を克服したんだ」と感じてもらい、復縁を考えてもらう事が可能となります。

まとめ

いかがでしたか?

恋人への依存心の治し方としては、まず自分に自信を持つこと、そして彼以外に夢中になれることを探したり、彼のことを考える時間を減らすというのが大切です。

また、そもそも依存をしてしまっている根本的な原因を探ると、本当に自分が向き合わなければならないことが見えてくるので、ゆっくり向き合ってみましょう。

少しずつでも克服できるよう、自分に自信を持って進んでいきましょうね!

20歳以上の方は必ずご確認下さい

<今すぐ>電話で鑑定します

・復縁できるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを電話占いウィルで解決します。

復縁業界で今注目の電話占いウィルで、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上限定です