結婚!学歴差で反対された時の対処法!ダメと言われる理由とは?

結婚!学歴差で反対された時の対処法!ダメと言われる理由とは?
20歳以上の方は必ずご確認下さい

<今すぐ>電話で鑑定します

・復縁できるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを電話占いウィルで解決します。

復縁業界で今注目の電話占いウィルで、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上限定です

学歴差が理由で結婚を反対されてしまった⋯。悔しいけど、どうしたら認めてもらえるのかわからない⋯。

今から学歴差を埋めるのは難しいですが、そんなことをしなくても彼との結婚を認めてもらえる方法はあります!

そのためには、学歴差で反対をする周囲の意見を先回りして解決する、ということがポイントです。

大好きな彼との関係を認めてもらい、一緒になれるようにしましょう!

学歴差が原因で反対された時の対処法

まずは、学歴差が原因で反対されたときの対処法について、お伝えしていきます!

学歴差があることでバランスが取れると伝える

学歴差があることでバランスが取れていると伝えると、周囲を説得することができるんです。

例えば、彼は良い大学を出て一流企業に出たものの、勉強ばかりで家事はできないという環境で育ったとします。

そして、あなたは高卒で仕事を始めたので、社会人歴や一人暮らしの経験が長く、家事を全般的にこなすことができるとします。

すると、学歴に差があったとしても、家事ができない彼と家事ができるあなたとでバランスが取れていて、結婚をした時にお互いが助け合うことができるんです。

このように、学歴に差があったとしても、お互いに支え合ってバランスが取れているということを伝えれば、周囲も結婚を認めてくれるようになります。

そのため、彼にあって自分にはないもの、そして自分にあって彼にないものを見つけて、それを周囲にアピールするようにしましょう。

経済的に安定した生活が送れるようにする

経済的に安定した生活が送れるようにするというのも、反対意見を説得する材料になります。

男性側の学歴が低く女性の方が高い場合、周囲としては経済的なことを心配し、「結婚したら苦しい生活を送ることになる」と不安になります。

特に大卒と高卒とでは給与に差がある場合が多かったり、女性はどうしても産休や育休で仕事ができない期間ができるため、学歴差があることで経済的な心配をする方が多いんです。

そんな時、彼がしっかり仕事をしていて安定した収入をもらっていること、そして節約家で貯金もちゃんとしていることなどを伝えると、周囲に認めてもらうきっかけになります。

結婚をしたあとに安定した生活が送れるとわかれば、周りも「それなら大丈夫そうだね」と納得してくれ、結婚に対して前向きに考えてくれるようになるんです。

価値観が合うかどうかを確認する

彼と価値観が合うのであれば、結婚をしてもうまくいくので、周囲を納得させることができます。

価値観が合う人というのは、基本的な物事の考え方が同じということです。

そのため、結婚生活が始まってから揉めることも少ないですし、相手の気持ちも理解することができるので、穏やかな生活が送れます。

反対に、価値観が合わない人とは小さなことですぐにぶつかってしまい、夫婦仲が悪化してしまうことが多いです。

特に学歴差があると価値観が合わないという考え方があるので、それにより反対をする、という方もいます。

そこで、彼との価値観が合っているかどうかを確認し、「こんなに考え方が合う人は彼しかいない」と説得することができれば、認めてもらえるきっかけになるんです。

育児に対する考え方が合うかどうかを確認する

学歴差がある彼と、育児に関する考え方が合っていれば、結婚してもうまくいきます。

子どもができた時のことを考えてみると、育児や教育に関する考え方が合っていれば、子育てをしていてお互いの考えに納得できますし、揉めることもありません。

ですが、育児や子どもの教育方針で考え方が違ってしまうと、揉める原因になります。

また、育児の考え方というのは自分が育ってきた環境が大きく影響しているので、なかなか変えることはできません。

そうすると、夫婦仲が険悪になる子どもにも悪影響なので、結婚生活がうまくいかなくなってしまうんです。

結婚となると、このように子育てに関する考え方の違いで反対されることがあります。

特に学歴差があると考え方が違うことが多いので、周囲を納得させられるよう、事前に彼とよく話し合いましょう。

将来的に目指しているものは同じかどうかを確認する

将来的に目指しているものが同じかどうかを確認し、合っていれば反対する周囲に認めてもらうことができます。

例えば、学歴が高く稼ぎがある方としては、「将来的に子どもも良い仕事に就いてもらって、老後は海外で生活したいな」という考えがあったとします。

もしこの考え方に相手も賛成であれば、うまくいきます。

ですが、学歴が低く稼ぎがあまりない方としては、「子どもは自分がやりたいことをやってもらって、老後は実家の近くでのんびり過ごしたい」という思いがあったとします。

この場合、将来的に目指している方向が違っているため、一緒に生活をして居て合わないと感じてしまうことも多くなります。

学歴差があると、このように将来に目指していることが大きく異なる場合が多いため、周囲が反対する原因の一つとなるんです。

学歴差があると結婚を反対される理由

次に、学歴差があると結婚を反対される理由を、5つご紹介します。

一方がコンプレックスを感じる

まず、一方がコンプレックスを感じる、ということがあります。

学歴が低い人というのは、社会に出ると周りからそのことを指摘されることもありますし、自分自身でもコンプレックスに感じてしまっていることが多いです。

そうなると、自分よりも学歴が高い人がずっとそばにいることにより、常に劣等感を感じ続けなければなりません。

それにより相手の言動にいちいち突っかかってしまったり、小さなことでも喧嘩になり、関係が悪化してしまうことがあります。

価値観が違う場合がある

価値観が違う場合も、あります。

学歴差が違うと、主に学生時代の過ごし方が異なることが多いです。思春期という大切な時期の過ごし方が違うため、考え方や価値観も違ってきます。

そうした価値観の違いをお互いに理解し、尊重し合うことができれば問題ありませんが、その違いによりぶつかる原因もなるんです。

結婚というのは生活なので、小さなことでもお互いの考え方を話し合わなければならず、それが苦痛になってしまう場合があります。

育ってきた環境が異なることがある

育ってきた環境が異なる、ということもあるんです。

学歴差があると、そもそも育ってきた環境が異なるため、いざ結婚して一緒に住むとなると、「あれ?」と違和感を感じることも多いでしょう。

育ってきた環境が全く同じ人はいませんが、学歴差があると両親に言われてきた言葉や家での過ごしかたも全く異なることが多いです。

そのため、日常生活で違和感を感じることが多くなっていき、「こんな人だったんだ」と悪い意味でギャップを感じてしまうことがあります。

子どもができた時の教育方針が合わない

子どもができた時の教育方針が合わない、ということも理由の一つです。

子どもができると親うは通常、「自分と同じような環境で育ててあげたい」と思うものです。

そのため、学歴が高い人は「できる限り勉強させたい」と思いますし、学歴が低い方は「その子の自由にさせたい」と思うことがほとんどです。

このように、自分が育ってきた環境によって子育てへの価値観が変わるため、子どもができた時に意見が合わず、離婚してしまうという夫婦も少なくありません。

収入に差があることが多い

収入に差があることが多いのも、反対理由です。

日本はまだまだ学歴社会が根強く残っているため、大卒と高卒とでは初任給が違ったり、中には大卒ではないと入社することもできないという会社も多くあります。

そんな中、学歴差があるとどうしても収入面での差もできてしまい、両親としてはそのことが心配になってしまうのです。

特に女性の方が学歴が高い場合、子どもができて女性がしばらく働けなくなる時期を考えると、「ある程度の収入がある男性じゃないと…」と考える両親も多いでしょう。

学歴差で結婚を反対された時にすべきではない行動

最後に、学歴差で結婚を反対された際に、すべきではない行動を3つお伝えします。

親の承諾なしで結婚する

1つ目は、親の承諾なしで結婚する、ということです。

日本では成人を過ぎれば両親からの承諾なしで結婚をすることができると、法律で定められています。

ですが、両親の反対を押し切って無理やり結婚をしても、そのことがずっと引っかかってしまって満足に幸せを感じることができません。

また、両親もあなたの家族なので、いざという時にお互いの助けが必要になることもあり、無理やり結婚したことを後悔することの方が多いでしょう。

相手を無理やり結婚に納得させる

2つ目は、相手を無理やり結婚に納得させる、ということです。

両親から結婚を反対されてしまうと、「なんで認めてくれないの」とムキになってしまいますよね。

そんな時、ムキになって相手に「絶対私と結婚しようね!」と行ってしまうと、相手にはプレッシャーになってしまいます。

特に相手が男性の場合、自分の彼女の両親に認めてもらえないダメージは大きいので、ゆっくり時間をかけて話し合っていきましょう。

学歴以外のことを考えずに結婚する

3つ目は、学歴以外のことを考えずに結婚する、ということです。

学歴差のことで反対されてしまうと、そのことばかりに意識がいってしまい、それ以外の部分では相手が完璧に見えるかもしれません。

ですが冷静になって考えてみると、「結婚するならここも直して欲しいな」などと不満を持つところもあるでしょう。

その状態で結婚をしてもうまく行かなくなってしまうので、一つのことに集中せず、広い視野で結婚について考えてみることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

学歴差がある彼との結婚を反対されると、辛いですよね。

周囲が反対をするのは、学歴差があることで「いろんな物事に対する考え方が違うだろう」という不安があるからなんです。

だからこそ、周囲に認めてもらうためには彼としっかり話し合い、「考え方や価値観が合うかどうか」を確認することが大切となります。

大好きな彼と一緒になるためにも、周りに認めてもらえるようによく彼と話し合いましょう!

20歳以上の方は必ずご確認下さい

<今すぐ>電話で鑑定します

・復縁できるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを電話占いウィルで解決します。

復縁業界で今注目の電話占いウィルで、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上限定です