復縁したい!メールの頻度に迷う⋯状況別!正しい連絡回数を徹底解剖

復縁したい!メールの頻度に迷う⋯状況別!正しい連絡回数を徹底解剖
20歳以上の方は必ずご確認下さい

<今すぐ>電話で鑑定します

・復縁できるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを電話占いウィルで解決します。

復縁業界で今注目の電話占いウィルで、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上限定です

復縁したい相手に連絡をしたいと思っても、「どのくらいの頻度で送ったらいんだろう」と不安になりますよね。

連絡を取らないと距離は縮まらないけど、迷惑に思われて嫌われるのは怖い⋯

そんな葛藤を抱えて、悩んでしまっているんじゃないでしょうか。

今回はそんなお悩みにお答えして、状況や相手のタイプ別に、正しい連絡頻度を徹底解剖していきます!

また、彼からの連絡頻度でわかる復縁の可能性や、復縁するためのメールテクニックもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

復縁したい相手に連絡を取る最適な頻度〜状況別〜

まずは、復縁したい相手に連絡を取る際の、適切な頻度を状況別にご紹介します。

現在の状況によって頻繁に連絡をした方が良い場合もあれば、頻繁には連絡をしない方が良い場合もあるんです。

ご自身の今の状況と照らし合わせながら、読んでみてください。

連絡を無視されている場合は7〜10日に1度

あなたから連絡をしても相手から返事がなく、無視されてしまっている場合は、7〜10日に1度程度で連絡をしましょう。

返事がないという事は、相手からすると「どう接したら良いかわからない」と戸惑いを感じてしまっている状態です。

そのため、頻繁に送ると余計に戸惑いを強くさせ負担をかけてしまうので、マイナスな印象になってしまいます。

そこで、7〜10日に1度程度の連絡にする事で、相手に未練がない事を暗に伝えると、徐々に相手も気持ちが変わっていき、気軽に返信ができるようになるんです。

たまに返事がある場合は週に1度

たまに返事がある場合は、週に1度程度の連絡頻度にしましょう。

返事があるという事は、あなたとは今後も関わっていく意思があるという事です。

そのため、あまり頻度を少なくする必要はありません。

ただ、返事をしない事もあるというのは、相手にとってあなたとのやり取りが最優先になっていないという事です。

そのため、ここで頻繁に連絡をして負担をかけると、一切返信がこなくなる事もあります。

そうならないためにも、相手の負担にならないような頻度を意識しつつ、週に1度はやり取りをするようにして、だんだんと距離を縮めましょう。

いつでも返事が返ってくる場合は週に2,3度

連絡をすればいつでも返事をしてくれるという場合は、週に2,3度連絡をするようにしてください。

今は連絡の頻度を抑えるより、あなたから積極的に連絡をして距離を縮めるべき時です!

なので、1日おきくらいに連絡を取る事で、短いスパンで相手との距離をぐっと縮め、今よりもさらに深い関係を目指しましょう。

この時、長い文章や重い内容の連絡を頻繁にすると、途端に相手は負担に感じてしまいます。

連絡をする時は文章を短くするように心がけ、ポジティブな内容にしましょう。

友達として会う事ができている場合は週に4,5度

友達として連絡を取るだけではなく、会う事もできている場合は、週に4,5度のペースで連絡を取るべきです。

会う事ができているという事は、復縁まであと一歩のところまで来ています。

そのため、毎日のように連絡を取る事によって相手の中であなたの存在を大きくし、どんどん関心を強めていきましょう!

そうする事によって、相手としては「話してると楽しいな、ずっと一緒にいたいな」という意識が芽生えてきて、復縁にぐっと近付きます。

相手から連絡がくるようになったら頻度にムラを付ける

相手から連絡がくるようであれば、あなたからの連絡頻度はムラを付けるようにしましょう。

あなたから連絡をしなくても相手から来る場合、相手はあなたに好意を抱いている可能性が高いです。

そのため、敢えて連絡頻度にムラを付ける事によって相手の心を揺さぶり、「早く手に入れたい」という感情を高める事が可能です。

ムラを付けるというのは例えば、3日間毎日連絡をしたあとに、2日間ほとんど返事をしなかったり。

相手が「自分の事をどう思ってるんだろう」ともどかしくなるようにするのが、ポイントです。

復縁したい相手に連絡を取る最適な頻度〜相手のタイプ別〜

ここまで状況別に適切な連絡頻度を見てきましたが、ここからは相手のタイプ別に解説していきます。

状況だけではなく、相手の性格によっても復縁につながる頻度は違って来るんです。

真面目で優しいタイプの場合は週に1度

相手が真面目で優しいタイプの場合は、週に1度の連絡頻度にしましょう。

真面目で優しいタイプとなると、あなたから連絡をした場合は返事が来る可能性が高いです。

ただ、返事があるからと言って好意があるとは限らず、優しさや「返さないと」という義務感で返事をしてくれている事もあります。

そのため、返事をしてくれるからと言ってそれに気付かずに頻繁に連絡を取ると、相手に負担をかけてしまう事になるんです。

そうならないためにも、週に1度程度の連絡から始めていき、相手があなたに好意があるとわかったら、徐々にペースをあげていきましょう。

マイペースで束縛を嫌う場合は月1程度

マイペースで束縛を嫌う相手の場合は、月1程度で連絡を取るようにしましょう。

束縛を嫌う男性というのは、基本的にあまりマメではありません。

また、LINEやメールをただの連絡ツールとしてしか捉えていない人も多いので、世間話をしても返す必要性を感じてもらえません。

だからこそ、連絡は月に1度にしておいて、連絡を取る時にはデートの誘いをするようにして、直接会って距離を縮める機会を作りましょう。

短気で感情の起伏が激しい場合は相手に合わせる

相手が短気で感情の起伏が激しい場合、連絡頻度は相手に合わせるべきです。

短気の人は、自分のペースを崩されるとイライラしてしまいます。

なので、忙しい時に誰かから連絡が来るだけでイライラしたり、迷惑に感じる事が多々あるんです。

それに加えて、自分が連絡を取りたい時に取れない場合も、不満に感じてしまいます。

だからこそ、SNSで様子を伺ったり、一度連絡をしてみて相手の出方を待つ事で、相手に合わせたペースで連絡を取るようにしましょう。

プライドが高く頑固な場合は週に2,3度

プライドが高く頑固な相手の場合は、週に2,3度の頻度で連絡を取ると効果的です。

週に2,3度と聞くと、多いように感じるかもしれません。

ですがプライドが高く頑固な相手の場合、こちらから積極的に行動を起こす事で、相手の気持ちが変わるきっかけ作りになるんです。

反対に、プライドが高い相手の場合は相手から連絡が来る事はほとんどありません。

そのため、こちらも遠慮して連絡をしないでいると、何も進展できずに終わってしまうんです。

そうならないためにも、敢えて積極的に連絡を取る事で、少しずつ相手の心を溶かしてい来ましょう。

社交的で友人が多い場合は週に4,5度

社交的で友人が多い相手であれば、週に4,5度の頻度で連絡を取って問題ありません。

交友関係が広い相手の場合、連絡はマメに取るタイプが多いですし、それが苦痛に感じる人は少ないです。

むしろ、多くの人と連絡を取っている事が楽しいと感じるタイプなので、頻繁に連絡を取り、やり取りをすることで距離が縮まってい来ます。

知り合いが復縁をした時も、相手には友達が多くて最初は連絡をするのを控えていました。

ですが、連絡をせずにいるとどんどん相手の予定が埋まってしまい、なかなか会えない事に気づいたそうで、そこから積極的に連絡を取るようになったんです。

すると相手もマメに返事をしてくれるようになり、距離が縮まって復縁に成功しました。

変に遠慮するとチャンスを逃してしまうので、積極的に連絡を取るようにしましょう。

連絡頻度でわかる相手の気持ちと復縁の可能性

ここまでは、あなたから相手に連絡をする場合の頻度について、お伝えしてきました。

状況や相手の性格によって適切な頻度は違うので、その時々に合った頻度を見極めてみてくださいね。

では続いては、相手からの連絡頻度でわかる相手の気持ちと、復縁の可能性をご紹介していきます。

今相手はどんな気持ちでいるのか、ここでしっかり理解しておきましょう。

一切連絡が来ない場合は復縁の可能性が低い

相手からの連絡が一切来ない場合は、復縁の可能性が低いと言えます。

あなたからの連絡に返事をするにしてもしないにしても、自分から連絡を取らないという事は、「自分からはやり取りをする意思がない」という事です。

そのため、今の時点では好意がある可能性は低いと言えます。

ですが、だからと言って諦める必要はありません。復縁成功者はみんなここからのスタートなんです。

今後のアプローチによって相手の気持ちは変わっていくので、まずは行動を起こしていきましょう。

週に1度程度の連絡が来る場合は復縁の可能性あり

相手から週に1度程度の連絡が来る場合は、復縁の可能性があります。

連絡が来るという事は、相手の中で「あなたとやり取りがしたい」という欲求があるという事です。

つまり、あなたに対して好印象に思っていますし、距離も縮まってきているため、復縁に近付いていると言えます。

ここからさらに相手の関心を引けるよう、返信頻度にムラを付けたり、異性としての魅力を改めてアピールするなどして、さらに距離を縮めましょう。

毎日のように頻繁に連絡が来る場合は復縁の可能性大

相手から毎日のように頻繁に連絡が来る場合は、復縁の可能性大です!

すでに相手はあなたに好意を寄せている状態なので、あとはどちらかが告白をすれば復縁ができる、という状態にまで来ています。

積極的にやり取りをして、会う頻度も多くしていきましょう。

ただ一つ注意点としては、お互いに好意があるのに告白をしないという曖昧な関係が続くと、都合の良い存在になってしまう恐れもあります。

そうなると、復縁をする事にメリットを感じてもらえなくなるので、曖昧な関係になる前に気持ちを伝えるようにしましょう。

4.相手とやり取りをする時の復縁テクニック

相手とやり取りをする時、復縁を叶えるために重要なのは、頻度だけではありません。

頻度の他にも復縁にぐっと近付くメールテクニックがあるので、ご紹介していきます。

相手に合わせる

相手に合わせるというのを、意識するようにしましょう。

連絡頻度や温度感、テンションなど、相手と合わせて連絡を取るようにすると、相手が負担なくやり取りができるため、距離が縮まりやすいです。

例えば、どんなに距離が縮まっていても、相手が仕事で忙しい時は連絡を控えたり。

相手が嬉しい報告をして来た時は一緒に喜んであげたりなど、とにかく「合わせる」という事を意識すると、ぐっと復縁に近付きます。

友人として振る舞う

やり取りをしている間は、あくまでも友人として振る舞うようにしてください。

「友達になっちゃうと、復縁から遠ざかりそう」という不安があるかもしれませんが、それは間違いです。

むしろ、友人として新しい関係を築く事で、「今の二人だったらうまくやっていけるかも」と復縁を前向きに考えてもらうチャンスが生まれます。

反対に、友人関係が築けないままアピールだけしても、相手としては「復縁したいから言ってるだけ」と感じてしまい、素直に受け取れないんです。

だからこそ、まずは友人として振る舞う事で友達関係を築き、復縁のきっかけを掴みましょう。

ポジティブな内容にする

相手に連絡をする時は、ポジティブな内容を意識する事が大切です。

前向きで明るい内容で連絡が来れば、それを不快に感じる人はいませんし、「今日も元気でいいな」と良い印象になります。

また、あなたが明るく前向きでいる事がわかれば、相手も気軽に返信でき、やり取りが弾みやすくなるんです。

反対に、ネガティブな内容や愚痴ばかり送ってしまうと、「重い、うざい」と思われ、返信がなくなってしまう、なんて事も。

そうならないためにも、連絡をする時は努めて明るい内容にするよう、意識していきましょう!

何度送っても無視される場合は冷却期間を置く

もし何通送っても相手から無視されてしまう場合は、冷却期間を置くべきです。

何度も無視をするという事は、相手の中でまだあなたと連絡を取るための、心の準備ができていないという事。

だからこそ、距離を置く事で相手のペースに合わせ、準備OKになるまで待ってあげる事が大切です。

最低でも1ヶ月は距離を置くと、少しずつ相手の気持ちが変わっていくため、1ヶ月は何も連絡をしないようにしましょう。

どうしても適切な頻度がわからない場合は週に1度から始める

ここまで状況や相手の性格別に、適切な連絡頻度をお伝えしてきました。

ただ、いろいろと考えてしまって「結局どの頻度で連絡をしたら良いのかわからない」と、悩んでしまう事もあると思います。

そんな時は、週に1度の頻度で連絡を取るようにしてください。

そして、相手の反応によってだんだんと頻度を変えていきます。

もし相手から反応がない場合は月2に減らしてみたり、逆に相手からも連絡がくる場合は週2に増やしてみたり。

まずは週に1度の連絡で相手の出方を伺う事で、適切な連絡頻度が見えてくるんです。

本日の復縁メソッド

「魚心あれば水心」

相手の出方次第で、こちらの対応が変わる、という意味のことわざです。

復縁を叶えるには、いかに相手に負担をかけずに距離を縮められるか、というのが大切になります。

そのためにも、連絡頻度に迷ってしまったら、「どのくらいなら相手の負担にならないんだろう」と、相手の立場になって考えてみましょう。

楽しくやり取りをしながらちょっとずつ距離を縮めて、復縁につなげていきましょうね。

20歳以上の方は必ずご確認下さい

<今すぐ>電話で鑑定します

・復縁できるの?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と上手くいくの?


これらの悩みを電話占いウィルで解決します。

復縁業界で今注目の電話占いウィルで、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上限定です